電子計測器・産業用電子機器の修理・延命サービス
〜KLES〜

修理サポート終了と言われ諦めていませんか?京西テクノスでは使い続けたいというニーズにお応えします。

 

「この機器を使い続けたいのに、故障してしまいメーカーの修理サポートが終了していて困った。」こんな経験をお持ちではないですか?
メーカーに問い合わせても最新の機器に更新してくださいと言われます。ただ、様々な理由で最新の機器に更新できない場合があります。 KLES(KYOSAI Life Extension Service)はそのようなお客様のニーズに応えるために始めたサービスです。是非お気軽にご相談ください。
装置延命の一環として修理・予防保全・予備基板の再設計を行っています。

*電子計測器については修理個所以外も機器の主要な性能を確認しま
 すので、修理後も安心してお使い頂けます。
*修理品には修理個所の90日間の保証をお付けしています。
*大型装置はフィールドサービス(お客様の所へ出向いてのサービ
 ス)を行います。

 

【古い電子計測器・産業用電子機器の修理はご相談ください】

◆ システムに組み込まれていて20 〜 30 年使用する必要がある!

◆ システムに組み込まれていて20 〜 30 年使用する必要がある!

◆ 代替機がない(この機器でないといけない!)

◆ 地球環境を考えるとサポート終了したからと言って新製品に
 置き換えることはできない。

 修理できるものは修理して延命を!

◆ 使用機器登録の関係でこの測定器でして測定できない!

◆ 海外メーカー品で修理依頼先がわからない!

 

このようなお客様の声にお応えします。
メーカーが修理サポートを継続中の機器は修理致しません。
これは、メーカーでの修理が可能なら、メーカーで修理して頂くのが品質の面で最良と京西テクノスが考えるからです。

オーバーホール/予防保全

ラインを止めないために…

*オーバーホール(予防保全)とは?

電子機器・コンピュータには経年劣化が避けられない有寿命部品や、消耗品であるバッテリーが使われています。 故障による長時間の停止を避けたい場合、電解コンデンサやリレーなどの有寿命部品とバッテリーを定期的に交換することで、 故障の可能性を大きく低減出来ます。

 

*お客様の予算に合わせて実施

全ての有寿命部品を交換する事が理想ですが、ドライブ類などは全て交換すると高額になる場合もあります。 お客様の使用頻度とご予算に応じて範囲を決め、見積もりを致します。ご相談ください。

 

【代表的な有寿命部品】代表的な有寿命部品

・電解コンデンサ
・リレー(継電器)
・ハードディスク ドライブ
・フロッピーディスク ドライブ
・ファン
・オプティカル ドライブ
・キーボード
・マウス
・ディスプレイ パネル

注) これらに限定されるわけではありません。

 

バッテリー

 

バッテリー(電池)は消耗品であり有寿命部品とは呼ばれません。
必要に応じて交換します。